ちょっと刺激的かも!ガータートスで男性ゲストも盛り上がって!

Posted by

海外発の男性向けの演出

結婚式の主役は花嫁と言いますし、実際にその通りなのですが、男性ゲストや花婿だって盛り上がりたいですよね。そこで、結婚式や二次会用の演出としておすすめなのがガータートスなのです!海外では広く行われているのですが、日本ではまだ取り入れているカップルは少ないかも…。ブーケトスのように花嫁が身に着けているガーターを花婿が投げて、男性ゲストがキャッチするというものなのですが、結婚式に刺激が加わって面白いんですよ。

ガーターの準備をしよう!

まずは投げるためのガーターを用意しないことに始まりませんよね。海外ではおなじみの演出なので、ブライダルにぴったりの正統派のデザインから、受け狙いのような個性重視のものまで色々あります。日本でもブライダル専用のガーターは入手は可能です。デザインの幅も広いですが、せっかくならブルーのリボンを使っているものの方がおすすめ!サムシングフォーの一つであるサムシングブルーは、下着などの隠れる部分にあると望ましいからです。

投げるまでの流れを知りたい

まずガーターを外すために、ウエディングドレスの中に花婿が潜り込まないといけません。この時、花嫁にはイスなどに座ってもらうと外しやすいですよ。正式なやり方だと、手を使わずに口だけで外すことになっていますが、うまく外せずにもたつくことが気になるなら手で外しても大丈夫。ガーターはそのまま投げるのではなく、ボールなどに装着してから投げましょう。ブーケトス同様に花婿は後ろを向いて投げて下さいね。後は男性ゲストにキャッチしてもらうだけです。

鶴岡八幡宮で結婚式とは鎌倉の由緒ある神社で式を挙げることです。厳かな雰囲気で思い出に残ることでしょう。